この不用品、回収業者は対応してくれるの?

不用品回収ではどこまで片付け・掃除をしてくれるの?

>

紙ごみと楽器の不用品回収業者の対応は?

紙ごみはどう処分してくれるの?

紙ごみは会社ならシュレッダーがあるからいいけれど、一般家庭の一人暮らしの場合、持っている人の方が少ないのではないでしょうか?

しかも紙ごみは、地域と量により扱いがリサイクルの日だったり普通ゴミの日だったりするので、結構貯めがちなもの。また本や漫画や雑誌が好きで買う方は、ものすごい量を貯めている場合があり、片付けるのも一苦労かもしれません。

こんなとき不用品回収業者は、対応してくれるのでしょうか?答えはもちろん、「対応可能」。ただ最低限、「いる(引っ越し先に持っていく)」「いらない(処分する)」の仕分けだけは簡単にしておきましょう。

ただ一点気をつけて欲しいのが、給与明細や源泉徴収票など個人情報が混じっていないかの確認だけは必ず行ないましょう。

楽器は不用品回収業者はどう対応する?

楽器は和・洋を問わず、高価なものが多いです。また特に女性の場合、結婚や出産などのため音楽を続けることが難しくなってしまうことが多いのではないでしょうか。

また楽器の大きさによっては、一部屋のかなりの広さを占拠したりするので、本当に保管も大変です。

更にある程度子どもが大きければいいですが、小さい子の場合、特に乳幼児がいるご家庭だと扱いに困ってしまっていらっしゃるかもしれません。

あと楽器をお持ちの方ならよく分かっていらっしゃるとは思いますが、例えば三味線なら革が破れたら意味がありませんし、バチの象牙が欠けたらアウト。

琴なら弦が切れたら大変です。以上のような状態の場合、早く見切りをつけた方がいいかもしれません。

不用品回収業者には限りませんが、琴や三味線は二足三文の値段を付けられると思います。ただ三味線のバチが象牙なら購入価格の十分の一の金額は提示してくれるでしょう。もちろん処分も対応してくれます。